未分類

どんなときもWiFiのあんしん補償は必要?交換対象と条件【故障・紛失・水没は?】

投稿日:

どんなときもWiFiを契約する際に考えなければいけないのが、あんしん補償のオプションに加入する必要があるのか?ということですよね。

月額400円って地味に高いし、僕も結構迷いました。

そこでこの記事では、あんしん補償の内容や注意点を確認しつつ、本当に加入する必要があるのかを解説していきます。

最初にまとめ部分だけお伝えしてしまうと、あんしん補償は次のような内容となっています。

 

補償の有無備考
故障(破損)全損の場合は、中古品Aランクと無償交換
水没中古品Aランクと無償交換
紛失賠償金18,000円が発生
盗難賠償金18,000円が発生
バッテリー寿命賠償金18,000円が発生

※中古品Aランクとは、ほぼ新品に近い中古品のことです。

 

水没が対象になるのはありがたいですが、バッテリー寿命が補償されないのはイマイチですね。(修理や交換に出すほとんどの理由ってバッテリーの劣化なんですよね。。)

個人的にはWiFiを破損したり水没させたりする機会ってほとんどないなと感じています。

なので、とりあえず初月無料で加入しといて、1~3カ月使ってみたかんじで外すかどうかを決めるのがオススメですね。

書く言う僕も5月に契約して、9月まで補償を付けて使った結果「これはいらないな」と判断したので、それ以降は外しました。

あんしん補償はどんなときもWiFiの契約時じゃないと加入できない上に初月無料なので、とりあえず入っておくのが、最も無難で後悔のない方法かなと思います。

解約は簡単にできるからね。

 

それでは、詳細は以下を読んでみてください。

 

どんなときもWiFiのあんしん補償オプションの内容(基本情報)

まずはあんしん補償の基本情報をハッキリさせておきましょう。

 

料金月額400円
(初月無料)
加入条件どんなときもWiFiの契約と同時に申し込み
補償内容新品・中古Aランクの端末と交換

 

この手のサービスはどれも月額で補償を付けていますが、相場は300~500円となっています。

特にどんなときもWiFiの補償が高いわけではありません。

ただ、月額400円を年間に直すと4,800円。

2年契約なので、契約期間中ずっとつけておくと9,600円にもなってしまいます。

税金を付けると1万円超え。

 

こうやってみると結構痛いですよね・・・。

どんなときもWiFiのあんしん補償の注意点
自然故障は、1年以内であればメーカー保証が無料でつく

 

どんなときもWiFiのあんしん補償の対象になるパターンと対象外になるパターン

次に、あんしん補償が適用される条件やパターンをハッキリと確認しておきましょう。

端末の交換をしてくれるパターン・してくれないパターンは以下のようになります。

 

補償の有無備考
故障(破損)全損の場合は、中古品Aランクと無償交換
水没中古品Aランクと無償交換
紛失賠償金18,000円が発生
盗難賠償金18,000円が発生
バッテリー寿命賠償金18,000円が発生

※中古品Aランクとは、ほぼ新品に近い中古品のことです。

 

注目すべきは「水没」と「バッテリー寿命」に関してです。

この手の機器を故障させてしまう原因って、ほとんどが水没かバッテリーの寿命だと思います。

 

水没は自己責任で補償してくれないサービスが多い中、どんなときもWiFiはしっかり交換してくれるのが良心的かなと思います。

ただし、バッテリー寿命に関してはかなり残念。

水没って気を付けていれば防げるんですが、バッテリーの寿命はどんなに気を付けていても起こります。

自然故障と言ってもおかしくないのに、それが補償されず18,000円の賠償金がかかってしまうのは、補償のメリットがかなり薄れてしまうんですよね。

 

どんなときもWiFiの故障の原因ってどんなものがあるのか?

補償の対象になるものは何かを確認したところで、そもそもWiFiルータを故障させてしまう原因ってどんなものがあるのかを確認しておきます。

 

多いのは次の3つですね。

  1. 通信の不具合
  2. 落とした時の画面割れ
  3. バッテリーの劣化(寿命)

まず一番多いのが通信の不具合。

これは端末どうこうの話ではなく、回線側の問題になります。

この場合は当然交換をしてもらえるわけではありません。(端末の再起動とかを試してみると◎)

 

次に落とした際の画面割れ。

WiMAXやポケットWiFiなどは端末に画面がついているので、落とした際にその部分が壊れやすかったんですね。

ただ、それに対してどんなときもWiFiは画面が付いていないので、壊れる可能性が低いかなと思います。

でもそもそもWiFiを落とす機会ってあまりないよね。

 

最後にバッテリーの劣化に関してですが、これはたぶんWiFiルーターの中で一番問題になることが多いんじゃないかなと思います。

ただ、これに関しては補償の対象外。。

個人的にはここを一番補償してほしかったです。

 

以上を踏まえると、意外とあんしん補償を使う機会が少ないのでは??と思いました。

僕はこの記事を書いている時点でどんなときもWiFi歴が半年以上になりますが、なんか壊れる気配がしなかったんですよね。

なので補償は途中で外しちゃいました。

 

注意ポイント

あんしん補償は、端末が改造されていたり手が加えられている場合は対象になりません。

なので、故障かなと思っても自分で端末を開けていじるようなことはやめておきましょう。

 

どんなときもWiFiの補償オプション内容を、他社のサービスと比べてみた

あんしん補償は良いサービスなのかの判断指標の一つとして、他社の補償オプションと比べてみました。

 

料金対象内容その他
どんなときもWiFi400円/月〇:自然故障・全損・水没
✖:盗難・紛失・劣化
初月無料
修理ではなく交換
WiMAX(GMO)300円/月〇:自然故障
✖:外部損傷・全損・水没・盗難・紛失・劣化
500円の補償を選べば外部損傷・全損・水没までOK
ネクストモバイル300円/月〇:自然故障
✖:外部損傷・全損・水没・盗難・紛失・劣化

 

こうやって見ると、どんなときもWiFiのあんしん補償はかなり好条件なことが分かりました。

他のサービスよりも100円高いんですが、その分全損や水没にも対応しているため、補償を受けられる幅が広がります。

 

また、修理ではなく交換というところも良いですよね。

新品(もしくはAランク)になって戻ってくるわけですから。

個人的には必要ないと思ったけど、機器をよく壊してしまう方にとっては付けていてもダメな内容ではないことが分かりました。

 

どんなときもWiFiは海外でなら紛失・盗難に対応してくれる(オプションは不要)

どんなときもWiFiを検討している方の中には、海外利用ができるという部分に惹かれた方もいますよね。

海外に持っていくとなると、盗難や紛失が結構怖いですよね。

 

でもオプションは盗難・紛失が対象外なんでしょ?

↑と思うかもしれませんが、実はどんなときもWiFiを海外利用する場合は盗難・紛失時でも無料交換してくれるんです。

かなり良心的ですよね。

 

ちなみに、これは正確にはあんしん補償ではありません。

海外利用時に無条件でついてくるサポートなので、あんしん補償を付けていなくても受けられるんです。

 

内容は以下の通り。

  • 盗難・紛失時に無料で中古品Aランクと交換してくれる
  • 通信トラブル時に無料で電話・遠隔操作で復旧サポートをしてくれる

心強い内容ですが、破損時のサポートなどはあんしん補償に入っていないとしてくれないので、注意が必要です。

 

どんなときもWiFiのあんしんサポートの解約は簡単

僕のオススメとしては「初月無料でサポートに加入し、1~3カ月様子を見ていらないと判断した場合は解約する」です。

ただ、その場合は解約がしやすいか気になると思うので解説していきます。

 

とはいえ、あんしん補償の解約方法は超簡単です。

  • どんなときもWiFiのお客様サポートにログイン
  • ご契約内容の確認・変更をタップ
  • オプション解約フォームをタップ
  • メールアドレスを入力して送信

 

以上で解約が完了になります。

めんどくさい手続きとかはなくすんなり解約させてもらえるので、その点は安心してください。

 

 

-未分類

Copyright© どんなときもWiFi無制限プランの口コミ評判!速度遅いがデメリット? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.